そんな感じで

Androidとかやってます

自分探しの旅

ハロー、@seto_hi です

だいぶ前ですが、4月に自分探しの旅をしました。
正確には、自分の名字の地名探しの旅です。

愛知

名古屋県には瀬戸市という素晴らしい地名があります。
多分瀬戸さんしか住んでないんじゃないでしょうか。
瀬戸デジタルタワーというよく刺さりそうな塔がありました。

f:id:seto_hi:20180929194015j:plain

おわりです。瀬戸はおわりです。

f:id:seto_hi:20180929194034j:plain

新しい瀬戸です

f:id:seto_hi:20180929193918j:plain

和歌山

白浜を観光していたら偶然瀬戸に巡り会いました。
瀬戸は瀬戸を引きつけるようです。

f:id:seto_hi:20180929194110j:plain

三丁目まであるらしいです

f:id:seto_hi:20180929194131j:plain

岡山

瀬戸の聖地の駅があります

f:id:seto_hi:20180929194220j:plain

瀬戸です

f:id:seto_hi:20180929194236j:plain

瀬戸ですね

f:id:seto_hi:20180929194250j:plain

世界の中心は瀬戸です

f:id:seto_hi:20180929194309j:plain

駅の周りには特に何もありません

f:id:seto_hi:20180929195720j:plain

瀬戸の聖地なので綺麗にしましょう

f:id:seto_hi:20180929195731j:plain

岡山駅サンライズ瀬戸と会いました。
サンシャイン池崎みたいな気持ちになれるので好きです。
以前乗りましたが寝台特急はよいですね。

f:id:seto_hi:20180929194530j:plain

瀬戸内という地名があるので瀬戸に溢れていました

f:id:seto_hi:20180929194406j:plain
瀬戸大橋も通りました。
いつか大橋さんとコンビを組んでみたいですね。

愛媛

名物らしいです。
将来は卸売でもやりましょうか。

f:id:seto_hi:20180929194427j:plain

世界は瀬戸で溢れているなと思いました。
次は北海道の瀬戸瀬駅と熊本の瀬戸石駅に行きたいと思っています。

以上!

Android向けMaterial Componentsの現状(2018/8)

ハロー、@seto_hiです

Android向けのMaterial Components(MDC)のおさらいと現状について書きます

Material Componentsおさらい

Material ComponentsとはDesign Support Libraryの置き換えとなるようなライブラリです。
オープンソースで開発されており、ロードマップも公開されています。

Material Themingへの対応が図られており、ボタンの角丸が調整できたり角の切り落としができるようになっています。
Extended FABやBackdropといったコンポーネントの追加も行われる予定です。

必要環境

Android Studio 3.2
・compileSdkVersionが28またはandroidx

Design Support Libraryとの差分

現状はDesign Support Libraryのv28と同等です。
以下Design Support Library v27との差分です。

コンポーネント

Bottom App Bar、Chipsなどが追加されています。
コンポーネントの詳細は色々な方がまとめているのでググってください。

機能差分

MaterialButton

・角丸の値が設定できるようになった
・ボタンの縁取りができるようになった

iconという属性ができましたが、基本的にはandroid:drawableLeftなどでも再現できるものです。

MaterialCardView

・縁取りができるようになった

5月時点の感想

5月に行われた I/O Extended 2018 ShibuyaiOS/Android/FlutterのMaterial Componentsがどのような現状であるかを話しました。

当時の感想としては「Android向けMDCの導入はまだ早い」でした。
当時にcompileSdkVersionをPにすることはかなり攻めた構成であり、MDCとDesign Support Libraryの機能差分も少なく導入するメリットがありませんでした。

プレゼンでは8月あたりに対応を考えてもいいんじゃないの?と言っていたのですが、8月も末です。
現状どんな感じでしょうか。

speakerdeck.com

 

2018/08 現状

全体的に開発が少し遅れているようです。
2018/5/9と2018/8/9のロードマップで比較を行いました。

Color theme対応

予定通りのようです。

8月のアップデートで、Checkbox、RadioButton、Switchが対応するようです。

Type theme対応

対応済みです。

Shape theme対応

R18(8月)リリース→R19(9月)以降のリリースになりました
しかし@ExperimentalなCutCornerTreatmentなどというクラスがあったりしてそろそろかな?という印象です。

コンポーネント

まだまだ待ちのようです。

Backdrop

R17(7月)リリース→特に記載がなくなりました...
リリース未定ということでしょうか?

Extended FAB

リリース未定→リリース未定のまま

現状からの再判断

まだ対応するには早いかなと思います。
8月時点でのMDCは5月時点との差分が少なく、まだ対応する必要性は感じませんでした。

じゃあいつ対応すべき?

Shape theme対応などが完了した9月以降が本番なのではないかと思います。

現状はDesign Support Library v28と同等な機能しかありませんが、今後機能差分が出てきた際などには対応を考えるべきだと思います。
(Support Libraryは28.0までしかリリースされないはずなので)

 

以上!

邪悪なUIチェックポイント

ハロー、@seto_hiです。
北海道で避暑をしています。

アプリ開発をしていると様々なコンバージョン率がKPIになることは多いですが、誠実さを欠いたUIを作ると数字がよく伸びることが稀によくあります。
そういったものは一時的な利益には繋がりますが、長期的な利益には繋がらないと考えています。
自分が今後そういったUIを作らないための予防線としてこの記事を書きます。

不利益の排除

・不利益な動線を奥深くに隠す

・ユーザーが設定を変更する手間を増やす
 ・「メールマガジンの解除にはメッセージを送ってください」
 ・「メールマガジンの解除にはログインが必要です」

・過度に警告を表示する
 ・「この設定をOFFにするとアプリが正常に動作しなくなる可能性があります」
 ・「本当にOFFにしてよろしいですか」

・不利益な動線を目立たなくする
 ・不利益な動線のシグニファイアを消す
 ・スマートフォンならスクロールしないと表示されないようにするなど
  ・「次へ」ボタンの下にメルマガ解除ボタンを置いたり

・ユーザーが「仕方なく」こちらの意図した操作をせざるえない状況にする

・そもそも設定などを作らない

過度なアピール

・警告色(赤系、黄色系)での不要な動線提示

・AccentColorでメインでない動線を作る
 ・誤操作の誘導に近いかもしれない

・不要なアニメーション
 ・特に男性は周辺視野での動きに敏感なので、画面の端で動きをつけるなど
 ・表示/非表示の切り替えだけで良い部分にアルファ値やサイズのアニメーションをつける

・不適切なバッジの利用
 ・不要不急なものにバッジを割り当てる
 ・ユーザー側がバッジを消すことができない

・PUSHの乱用
 ・ユーザーが「今」必要な情報?

本能に働きかける

・人間の目を強調した表現
 ・特に女性向けに不安な顔の幼児など

・エロ、グロ表現
 ・広告で面積の少ない水着や胸の谷間やボディラインの強調が許されているのは理解しがたい

・射幸心や不安感を煽る表現
 ・人間の特性をうまく使うこととの線引きが難しい

誤操作の誘導

・画面表示から100ms~500ms程度でUIの位置が変わる
 ・広告を遅延読み込みしてリストの最上部へ挿入
 ・スクロールすると付いてくる広告

・条件によってUIの順序が変わる
 ・ユーザーが位置で機能を記憶していることの悪用

・誤認するような文言、アイコン表示
 ・不親切な説明による操作の誘導

・メイン動線に近い位置へ別の動線を配置

行動の強制

・必ずやらされるが不要な操作
 ・チュートリアルで色々操作させるのは本当に必要?

・強制的に見せられるチュートリアル
 ・この点に関しては邪悪よりも無能な設計・実装が多い気がするが

・強制的に見せられるコンテンツ
 ・アプリからのお知らせ
 ・「重要なお知らせのためメールマガジンを解除した皆様にも送信しております」

・読み込み中に操作ができない
 ・これも無能な設計・実装が多い気がする

 

あなたは胸を張って「誠実」だと言えるものを作っていますか?
(不安感を煽る表現)

29歳になりました

ハロー、@seto_hiです。
本日誕生日で29歳になりました。ありがとう存じます。
昨晩エアコンが壊れて全然眠れていませんが、今日も僕は元気です。

28歳振り返り

僕が崇拝しているYUKIという素晴らしい歌手がいるのですが、去年の7月から「おとなの自動車保険 presents YUKI HELLO! NEW WORLD」というラジオ番組をやっています。
番組のコンセプトとして、「あなたの中の新しい世界を一緒に探す」と言っているので、僕も色々と挑戦することにしました。

新しい挑戦

業務関連では色々と挑戦させてもらいました。
iOSアプリ開発したり、副業したり、数学寄りなプログラミングを勉強したり、アプリデザインやったり、新規アプリをリリースしたり、勉強会主催したり、Google I/O参加(初海外)したり。

プライベートでも色々とやりました。
引っ越したり、苦手だった辛いものを食べるようにしたり、コーヒーを飲むようにしたり、サ道をはじめたり、引っ越したり、前髪を金髪にしてみたり、救急車に乗ったり(これは良くない)など、色々経験しました。

割とめんどくさがりな性格ですが色々やっていくうちに、新しいことへ挑戦する心理的負担が減った気がします。
ハローグッバイ色々ありましたが、錆びない1年になったと思っています。

29歳の目標

チームを考える

会社では、今までと役割が変わってきます。

7月から2人のAndroidエンジニアが入社します。また、8月にはiOSエンジニアの方も入社予定です。
ここ2年以上はAndroidをほぼ一人で開発をしてきたので、仲間が増えることはとっっても嬉しいです。

それに伴って、古参社員としてAndroidチーム・アプリチームを強い組織にしていくことが業務の一部になります。マネージャーではなく、チームの一員としての立場です。
今まではいかに個人のアウトプットを出していくかという点に集中していればよかったのですが、これからはチームとしていかにアウトプットを出していけるかという点を考えていくことになります。

前職で開発責任者をやったことはありましたが、先輩が中心のチームで勝手に自走してくれたので、チームのことを考えるのは初めての経験です。
特に知識もないですし、かっこつける気もないのでできるだけ高速にトライ&エラーを重ねていって経験を積みたいと思います。

先週新しく入るエンジニアの方と飲み会をしたのですが、みなさん高いモチベーションをもってくれているようで話が非常に盛り上がりました(そしてみんなお酒好きで飲み過ぎました)。
とてもわくわくしています。7月が待ちきれないです。

目標は、全方面で最強のチームになることです。
やっていきましょう。

iOS開発

そんな感じで、業務ではiOSのコードを書くことになります。
去年もやっていたので、まぁ別にできるっしょと思ってます。
去年は自分の幅を広げるために片手間でiOSをやってたのですが、今年はiOSメインで打ち込みます。
コードを書くのは当然として、iOSのことならなんでも聞いてくれというレベルまで学んでいくつもりです。

DroidKaigi

来年も絶対に登壇します。
4月にネタを思いついて、CfPはほぼ書けています。
内容に関しても自信がありますし、通すことは最低条件かなと思っています。
今年の発表とは違って、業務に生きるお話をするつもりなのでご期待ください。

アプリデザイン

去年せっかく業務で経験を積んだのですが、しばらくは業務で触ることはなさそうです。
現状では基礎知識が足りないと思うので、広い分野で20冊くらい本を読んでレベルアップしたいと思います。

Material Design(Theming)関係でももうちょっとアウトプットすべきと感じています。
デザインの話って、楽しそうなふわっとした話をするか、泥臭くて実用的な話をするか難しいなって思ってます。

日本酒

せっかく日本酒に詳しいので、日本酒検定を取ろうと思います。
とりあえず三級からですが、二級までは普通に取れそうです。

最後に

欲しいものリストはありません。自分で買うスタイルなので。
誕生日を祝ってくれる方は是非飲みましょう!
肉の日生まれの29歳、肉が食べたいです!

Google I/O 出発〜到着 分報

弊社は分報文化が現存しているので、分報で1日を振り返りたいと思います。

12:10
前職の同期とNEXに乗る。即0次会🍻

13:30
成田空港着。ANAは第一ターミナル南。
予約しておいたレンタルwifiを借りる。印刷忘れたけどスムーズに受け取れた。

13:55
ラーメンと迷ったが豚カツ屋に入る。ここでも1次会🍻
豚カツがやたらとおいしく感じてこのまま死んでも後悔はないかなと思う。
このあたりから酔いが回ってきて眠気に襲われる。

14:30
ジャージとTシャツに着替える。田舎のチンピラっぽい

14:45
会社の人と合流。
荷物を預けてうろうろしているとCA社やMF社の人とも合流。
成田からは17:10サンフランシスコ行きと17:35サンノゼ行きがあると知る。
サンフランシスコ組とは現地で会う約束をして解散。

15:00
5階フードコートに移動して2次会🍻(写真なし)
予定を聞いたがみんな無計画らしい。

15:50
手荷物検査に移動。
どのくらいの時間に行ったらいいかわからないのでとりあえず海外経験のある人に従う。

16:05
手荷物検査通過。
液体以外は国内の検査+センサーの前で1回転するくらい。簡単すぎて拍子抜け。

16:15
出国審査に移動。
自動化手続きをしてたらメ社のグループと会う。
自動化は1回目に紙一枚書いてちょっと並ぶだけで出国できて楽なので是非やるべき。
こっちも簡単すぎて拍子抜け。

16:25
出国ゲート通過。
マスクとか飲み物とかを買う。非課税なのでペットボトル飲料が140円。
出国ゲートの外も案外お店がある。

16:40
とりあえず3次会。非課税なのに700円する睡眠導入剤🍻を飲む。でも東京ドームよりは安い。
出国ゲートを通過した場所なのにイチローモルトが置いてあってビビる。日本よりも海外での方が有名らしいしそういうことなんだろうか。
ゲート前に知り合いがどんどん集まってくる。この便は間違いなくGoogle I/Oに支えられている。

17:25
搭乗手続き開始。更に知り合いだらけ。

17:30
搭乗。眠い。
なんかスターウォーズ便だったらしい。

18:10
多少遅れて離陸。

18:30
水とお手拭きが配布される。
ノイズキャンセリングイヤホンをつけたがなかなか快適。シューシューは言うが、ゴーゴー音よりはかなりマシ。

18:45
おつまみ(おかき)が配られる。
そろそろ寝たい。

18:55
寝ようとしたが飲み物が配布される。ビールで4次会。
隣の友人は寝た。俺も寝たい。

19:40
飲み物2週目。夕食のメニューが聞かれ始める。
友人は爆睡していて自分も寝れば良かったと後悔する。

19:45
夕飯を食べないで寝た。

20:05
寝れずに起きる。
機内は夕飯の匂いが充満してて後悔する。

20:30
寝ようとしたがすごい揺れて起きる。
シートベルト着用サインが再点灯。
寝られない。

20:45
寝ようとしたが食後のドリンクを聞いている声で起きる。ストレスの頂点あたり。
サービス不要で寝るだけ席を作れば儲かるなどと考える。583系の3段ベットみたいに押し込んでも許されると思う。

21:15
機内が暗くなってた。

21:45
ようやく寝れたが20分くらいの睡眠で起きる。

22:45
少し寝たが揺れて起きる。
夜行バスと大して変わらないと思いはじめる。

00:30
機内が明るくなる。もう少し寝かせて欲しかった。
朝食のメニューを聞かれ始める。
スマホが充電できておらず泣く。

01:00
朝食。パンケーキ。
0時半に起こされて1時にパンケーキを食べるのは狂気。

10:52(02:52)
1時から寝られないままサンノゼ空港着。お疲れ様でした。
胃もたれがひどい。右足が攣りかける。

11:50
入国審査。20分くらい並んだ?
「How are you?」
「Why you come to states?(あやふや、sightseeingと答えるやつ)」
「How many days you stay?」
「Where do you go in this stay?」
を聞かれた。
無事通過。

12:15
着替えたりSIMをアクティベーションしてから移動開始。
アメリカ初めての4人なのでUberの使い方がよくわからない。
Bagadge Claimというあたりに移動しろとUberに言われたので移動。
日本の空港に見慣れてしまったのでサンノゼ空港はめっちゃ簡素だなと思う。
出発する娘と抱き合う母親を見てアメリカ感を感じる。

12:40
Uberに乗り込む。
5番の看板と言われたら、5番と6番の看板の間で待つのが良いよと教わる。
車に充電ケーブルがいっぱいあってすごいと思った(評価のためにやってるっぽい)
ナイスガイなおじさまでした。

13:00
Uberに運ばれホテルに着。
運転手さんにチップを渡したが、チップは後で払えると知る。
荷物預かってと言ったらEarly check inさせてくれた。助かる。

13:15
別ホテル組と合流して移動開始。
A La Carte & Artというものがやっているらしいので行く。
食べ物、酒、絵画、手芸、普通の店舗の宣伝などカオスなくらい色々店が出てた。
良いなーと思いつつホットドッグを食べる。アメリカン。
本当はビールを飲みたかったが、コインとの交換制で、コインの買い方がわからずにスルーした。

14:30
Computer History Museum着。

17:00
見学終了。あと1時間欲しかったかも。

17:10
現地の知り合い(友人の友人)と食事。
クラフトビールを飲みつつハンバーガーを食べるというアメリカをする。
IPAがおいしいので @side_tanaはアメリカに来るべきだと思う。

20:00
解散

20:05
水を買いにスーパーに寄る。
アメリカっぽい食材や色をいっぱい見て満足する。

20:30
宿着。お疲れ様でした。

風呂に入り、ビールを飲みつつブログをまとめて今に至りました。
今夜は多少ゆっくり寝れそう。

K

・アメリカ楽しい!!
・思ってるアメリカっぽいものしか食べてないが、思ってる味がした
ノイズキャンセリングイヤホンは良い
・ジャージも良かった、ただし最後に気温が下がって冷えた
P
・全然寝れなかった
・今回はネックピローが全く合わなかった
T
・眠気MAXのうちに寝る
・寝溜めしておく

続く…かもしれない。

ノハナ社に入社してもうすぐ丸3年

陽気がいいのでポエムを書きます。

2015年5月1日、ノハナ社に入社しました。
今日クビにならなければ無事に5/1を迎えられると思うので、入社してから丸3年になります。

採用する側になったので思うのですが、3年前の自分は採用するには微妙な人で、実際5社くらい落ちました。
当時は今よりAndroidエンジニアが欲されていなかった時期なのでしょうがないと思います。
前職はかなり給料が良かったので、転職で150万くらい年収下げました。*1*2
もう余裕で取り返してます。*3

3年前の瀬戸のスペックは以下の通りです。
・社会人歴3年ちょっと
・無職(多分ノハナを受けたときは無職歴1ヶ月半くらい)
・外に出せるコードがない
Android歴は長いが触っていた部分がマニアック(IMEや組み込み)なので普通のアプリで役に立たない
・普通のアプリはほぼ経験がない
・通信まわりの実装の経験はない
Android以外の知識は一切ない
・設計はMVCしか知らない(しかも付け焼き刃)、実践経験はない
・勉強会には参加していない、参加する習慣もない
・モダンなAndroidの知識がない(DIやsupport libraryやEventBus知りませんでした)
・情報系出身だが専門がHCIであまりComputer Scienceではない*4
・デザインで喋れることは何もない、経験もない
・でもプライドと負けん気だけは強い
こういった人材を育てるつもりで採用してくれたノハナ社には感謝しかありません。

3年は転職のひとつの区切りですし、各社から挨拶か本気かわからないお話を色々いただくこともあるのですが、今は考えていません。(でも各社のミッションみたいなものはもっと知りたいです、遊びに行きたいです)
今メインで担当しているプロダクトのグロースをやり遂げないと死んでも死にきれません。

前職では開発責任者していた新規アプリがあったのですが、思っていた成長曲線には届きませんでした。
アプリを伸ばさないと昇級はないと言われ*5、色々と重なってもういいかと思って辞めました。
辞めてからもアプリを伸ばせなかったことはずっと心残りでした。
今回はそのリベンジをする良い機会だと思うので、全力でやりたいと思います。

あと重要なことなのですが、ノハナ社は素晴らしい環境です。
本当に自由にやらせていただき、かなり大きな裁量をもらって本当に成長したと思います。人から指示をされるよりも自分で考えることが好きなので、裁量があるおかげでのびのびと仕事ができています。
DroidKaigiに登壇して、アプリをリニューアルして、グロースハックをやって、新規アプリをひとりで作って、アプリデザインもやって...という現状は3年前からは想像できません。
恐らく2年半前に瀬戸のことを知っていた人はかなり少ないのではないでしょうか。
その成長も評価していただいているのでとてもありがたいです。多分瀬戸のことを一番評価してくれているのはノハナです。
当然、100%最高の会社ということはありませんが、不満をぶつけると改善してくれる点がとても良いです。
(瀬戸は定期的に色々やらかすのですが、ちゃんと怒ってくれるところも好きです)*6
同じ会社に長居するのはあまり良いとは思っておらず、3年以上働くつもりはなかったのですが気付いたら働いています。この環境でなければ確実に辞めていると思います。

4年目も日々圧倒的感謝を忘れず、一組でも多くの家族に笑顔を届けるために精進していく所存でございます。

*1:希望年収を前職-200万で出してたので良心的です

*2:住民税が苦しいのでオススメはしません

*3:多分前例がない速度で昇給させてもらってます。感謝。

*4:HCI=Human Computer Interaction

*5:さすがにもうちょっと柔らかい表現でした

*6:ごめんなさい反省しています

Kyoto.LT #20で発表しました

おはようございます、@seto_hi です (from 道後温泉)
10連休ほどいただき、日本列島を南下しています。月曜の朝ですが無敵です。

10連休の途中、4/20にKyoto.LTで発表してきました。

kyotolt.connpass.com

勉強会の様子はtogetterにまとまっています
(半分くらい瀬戸のツイートですが)

togetter.com

なぜ京都で発表

京都でAndroidエンジニアをやっている やぎにいちゃん (やぎにいちゃんさん?やぎにいさん?)が関西でデザインの勉強会をやりたいという旨のツイートをしていたんですが、それに対してこんなリプライをしました

酔った勢いでツイートするのはよくないですね😊

後日、本当に開催する方向になったので 旅行する言い訳として 責任を持って発表することにしました。

懇親会で「本当に来るとは思ってなかった」と言われましたね😊
勉強会で「発表しませんか?」と声をかけて貰えるのは本当にありがたいことなので、僕はどこにでも喜んで行きます。 旅行したいし。

そもそもほとんど知り合いがいなかったり、小規模な勉強会での発表が初めてだったりとかなりアウェーな気持ちだったのですが、温かく迎えていただき緊張せずにすみました。
良い機会になりとても感謝しています。

発表について

こちらをご覧ください。
エンジニアとして、デザインに関する思考を明文化しないといけないなと前々から思っていまして、それを書き綴りました。
口頭だけでしゃべったことが結構あるので、わからないところは是非聞いてください。
他の人のデザインの組み立て方も聞きたいですねぇ。

speakerdeck.com

他の発表もすごい面白かったのですが、色々あって公開できない資料もありそうなのでtogetterあたりから察してください。

懇親会とか

居酒屋でやったのですが、なんか新鮮でした。

関西の勉強会事情

色々聞きました。

・そもそもあまり会社がない
・人数もそんなに集まらない
・WEB系じゃないとあんまり勉強会に来ない
・メンツが固定されている
・会場もそんなにない(会場提供する会社が少ない)
このあたりは東京だとあまり発生しない問題でつらいなーと思いました。
Shibuya.apkの勉強会ライブストリーミングはとても良い試みだと思うので、いろいろな勉強会でできるようになるといいなぁと思ってます(運営が大変ですが)
途中からVRの話になり、VR登壇したいよねとか言ってました。

・関西だと勉強会の出席率はほぼ100%
めっちゃ驚きました。
東京だとたいだい80%くらいですよね?当日キャンセルも出まくるイメージです。
規模の話とかもあるかもしれませんが、東京の参加率が当たり前と思ってたので衝撃でした。東京の方、改善しましょう。

東京に会社集中しすぎ問題

勉強会の話とも繋がるんですが、現状アプリエンジニアはほとんど東京だよねと。
お話した方もプロジェクトメンバーの他のは東京にいて、コミュニケーション問題が色々あるらしいです。

僕もそろそろ東京飽きてきたんで、東京以外で働く選択肢が増えればなーと思ってます。
理想的にはふらふら旅行しながら働きたいですね。
でもやるなら絶対東京のお賃金で地方に住みたいです。シリコンバレーのお賃金でもいいです。

さいごに

ノリだけで発表することにしたんですが、色々考える機会になってとてもよかったです。
やぎにいちゃん本当にありがとうございました!

ここのところDroidKaigi→potatotips→デザイン部→KyotoLTと登壇が続きました。
ちょっと頻繁にやりすぎてしまったので、今後はもう少しゆるふわにしようと思ってます。
とか言いつつ次は CA.apk #6 - Google I/O 2018 報告会 で発表する予定です。
ConstraintLayout芸人として、ConstraintlLayoutの話ができればと思っています。

GWに1.1.0の内部実装読んでまとめます!

 

以上!